« 屋久島移住記 ~序章~ | トップページ | 屋久島移住記(2011年5月度) ~1ヶ月目~ »

2011年11月19日 (土)

屋久島移住記(2011年3月) ~移住準備~

屋久島には賃貸住宅は需要に供給が追いついておらず、タッチの差で空室なしとなってしまったが、
わずかな望みとインフラ確認を兼ねて、まずは下見目的で屋久島へ行ってみた。


Higasitennbou ●3月26日 曇
鹿児島市内のホテルに前泊して、8時半発のフェリー屋久島2で島へ向かう。
いつもはイモ洗い状態の二等客室でも、今回はオフシーズンだけあってスカスカ。
余裕こいて寝ていると屋久島の不動産屋YPから電話着信。
何事かと思ったら、早口で「物件案内は今日にします?明日にします?」旨の問い合わせ。事前連絡のメールでは明日を指定していたのだけど、何やらせっかちな人だ。(電話の主はYPのMさん。後々お友達になる。)
島が近づくと、空気はよく澄んでいて奥岳のシルエットどころか残雪の細かいところまでくっきり見えた。気分は色々複雑だが、何となく明るい兆しがあったと思った。
12時半すぎ上陸しいつもの宿、晴耕○○にチェックインしに行くが、まだ誰もいないのでそのまま島を時計回りにドライブする。
人通りは少ないがレンタカーは結構すれ違う。大学の卒業旅行者かいな。
島を2/3周もしたところ、昨年末に完成したという東シナ海展望所に到着。
おお、昨年までは看板が立っただけの空き地だったのが、プチ道の駅みたいに立派になっている。東屋の他、親子亀の彫刻もあるが、ゾウガメのような足を持っているのが大いなる謎であった。(屋久島名物は、ヒレ状の足を持つ海亀デス。)
一周終わると17時。宿のチェックインには程よい時間だ。いつも宴会場兼キッチンのすぐ後ろの部屋に案内されるのだが、今回は珍しくちょっと離れの台所付客室だ。
いつもの宿の夜は、いつも通り客同士の座談会で暮れていく・・・

Sakura ●3月27日 晴
朝、宿のオーナーS郎さんが入れてくれたコーヒーを飲みながら他の宿泊者も交えて談話する。ピークは過ぎたが、どうやら桜が見ごろだそうだ。
9時半に予定通り不動産YPのMさんが迎えに来てくれて、東は吉田から西は平内まで物件を紹介してもらう。賃貸住宅は今のところ空きの予定がないので、購買物件の案内のみになってしまった。移動中に桜を意識して探すが、県道沿いは既に葉っぱばっかりだ。
これから賃貸の空きが出たら連絡もらえるように念押しして13時ごろ宿に戻ると、宮之浦の憩いの森公園の桜が見事だったとの情報をもらう。
早速そこにかけつけてみると、思わず息を呑んだ。
丁寧に刈り込まれた芝の中、枝振りの良い桜が何本も立っており、みな一面に花を纏っている。桜の下では2組の母子がピクニックしており、ちょっとまぶしい日差しと花びらを浴びながら、思い思いに駆け回る子供たちの様子は何やら別世界のようだった。
花で連想したが、栗生の石楠花公園は毎年GWで開花終盤だったので、今ならどうだろうと思い立ち、ついでに南端まで足を延ばすしてみる。
16時半すぎ、そして着いた石楠花公園。期待通りの満開状態で、写真を撮るポイントが多すぎて困る程だった。
ここまで来たからと、昨日に続き島一週する事にする。永田灯台に沈む夕日もオツなものだった。
一番の目的である住居確保は次回へ持ち越しとなったが、別の収穫はあったので幸せな気持ちで宿に戻る。
いつもの宿の夜は、いつも通り客同士の座談会で暮れていく・・・

Apato ●3月28日 雨
朝、いつものように宿のオーナーが入れてくれたコーヒーを飲みながら昨日の成果について話していると、別の不動産屋でバイトしている友人から空き物権の話を聞いたと、女将のA子さん。早速紹介してくれる事になった。おお、ありがたや。
安房に移動して、A子さんとその友人で松峯に住むM代さんに合流する。
1件目は、安房川沿いの一軒家。戦前から建っている古い家で、住人のおじいさんが亡くなったので空いたとの事。残された家具や調度品が丸々一式(ついでにおじいさんの仏壇付き)使わせてくれるとの事で、結構惹かれる。
2件目は、M代さん勤めの不動産屋YFのIさんを呼んで、ヤクスギランド線入り口近くの2階建1DKアパート。屋久島軒並みの高い家賃だが、築1年で屋根つきベランダもついている。AさんとMさんは、古い家はいろいろ問題(虫?)も出るので、これはお勧めだという。他の住居人は独身の学校先生ばかりらしいから、いい出会いあるかもよ~、と冷やかされる。(後に、この情報はうわべだけの間違った情報だと知る事となる。)
他にも希望者がいるのため明日まで回答するように念押され、その日は解散する。
いつもの宿の夜は、いつも通り客同士の座談会で暮れていく・・・

Miokuri ●3月29日 晴
宿のオーナーのS郎さんは以前から『ビッグストーン』というバンドを組んでいて、メンバー全4名うちS郎さんとY下さんが昨年8月、福岡でトークショーとミニコンサートを開いてくれた事があった。そのとき本職が写真家であるY下さんの写真集を代金前払いで注文したが、未だに送られてくる気配がない。

朝、いつものようにオーナーS郎さんが入れてくれたコーヒーを飲みながら、のんびり待っているので島に引っ越したらその事についてよろしく伝えたところ、何とS郎さん、電話でY下さんを呼び出された。平謝りで駆けつけたY下さん、目の前で墨を磨って写真集にサインを書いてくれた上、「引っ越されたらビッグストーンのホームコンサートを開きます」とおっしゃられる。島を代表する写真家の方にそこまでされるのは恐れ多いし、どうもてなせば良いのか困ってしまうので、流石にコンサートまではお断りした。

宿をチェックアウトした後、島の家電店を回って洗濯機や冷蔵庫等の値段を調査する。
正午すぎ、宮之浦港に着くと、本日乗るフェリーの前に二百人はいそうな人だかりができており、吹奏楽隊の演奏や万歳三唱でえらく盛り上がっている。
船のフェンスには、
『祝ご栄転 ○○学校  ビール大好き○○ちゃん ○○○○先生』
『祝ご栄転 ○○学校  こだわりの熱い女 ○○○○先生』など
わざわざ業者に発注ような立派な垂れ幕が付けられており、人だかりの手には様々なのぼりや横断幕が握られいる。
学校や財団で任期を終えて島から戻られる方の見送りらしい。
乗船して客室から眺めると、何十本ものお別れテープが見送る人と見送られる人の手を繋いで、まるで七夕飾りのように張り巡らされている。こんな熱烈な見送り風景、今の時代にもあったのだなぁ。先生、絶対泣いているよ。
やがて船は出港し、お別れテープが見送りの人の手から離れるのを眺めながら、昨日紹介を受けたアパートに決める事にし、不動産屋のYFとYPにそれぞれ注文と断りの連絡する。
それから一眠りして4時間後、鹿児島南埠頭に到着。
窓から眺めていると、今度は『お帰りなさい ○○○○先生 ○○小へ』と書いた2枚の模造紙を持った迎えの人が総勢十数人、寒そうに待っていた。事情は分かるが島人との温度差に笑ってしまった。
その日は港近くの温泉ホテル「アク○ガー○ンホテル福丸」に一泊する。床がなぜかタタミの変な風呂場だった。

Zerozeronana ●3月30日 晴
F銀行鹿児島支店で手付金の振込みを行ったあと、
以前から気になっていた坊津の『007は二度死ぬ』撮影記念碑に遠回りして帰路に着いた。
細い道がくねくね続くので結構しんどかった。
4月に入ってからは、失業給付の説明会出席、役場や病院、買い物などの用事を済ませ、 10日の父の誕生日を祝った後、引越しの準備に取り掛かる。
荷造りには余裕を持って4/11~4/15の5日間用意したつもりだが、元々片付けが大の苦手だけあって、引き取りのぎりぎりまで掛かってしまう。いやー、在職の頃に転勤させられなくてつくづく良かったと思う。


次回はいよいよ島引越しへ。
(屋久島移住記 ~1ヶ月目~)へ続く

|

« 屋久島移住記 ~序章~ | トップページ | 屋久島移住記(2011年5月度) ~1ヶ月目~ »

コメント

移住記、書いてくれてありがとう。
いつか参考にするわ(にやり)
ちなみに、畳敷きのお風呂は、けっこうはやってますぞ。
ひやり、とせず、人気、らしい。

投稿: ゆか | 2011年11月19日 (土) 19時27分

えっ。ゆかさんも密かに計画を・・・?

さておき、フワフワな違和感が慣れなかったけど
畳風呂はやってるんだ。知らなかった。

ふやけて傷まないのかな、とか
目にゴミたまりそうで掃除大変だろなー、とか
勝手に心配しとりました。

投稿: つぼやん | 2011年11月19日 (土) 21時17分

いつかは、すみたいわぁ。。。
自分のやりたい仕事さえあれば。。。
教育(コンピュータ)関係の仕事があったら、お知らせくださいませ。国家試験対策とか得意ですけど。(笑)
たたみ風呂は、家の近くでは、原鶴温泉などにもございます。普通の畳とちがうんだよ。お風呂用。
では、続きよろしく。

投稿: ゆか | 2011年11月28日 (月) 21時10分

お待たせです。続きUPしました。

以前、離島移住セミナーで屋久島担当から聞いたけど、屋久島はIT関連についていけない人が多いため、そういう仕事は全くと言って良いほど無いそうですじゃ。起業するなら、チャンスと見ることもできるけど。
職業訓練の臨時講師オファーが来た事は一度あったです。

なるへそ。温泉の畳はちゃんと防水仕様になっているんだ。

投稿: つぼやん | 2011年12月 8日 (木) 16時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 屋久島移住記(2011年3月) ~移住準備~:

« 屋久島移住記 ~序章~ | トップページ | 屋久島移住記(2011年5月度) ~1ヶ月目~ »